ストラプレゼン | 吉尾インフォ|yoshio.info

タグ[ ストラプレゼン ]検索結果

ストラプレゼン #33 by Fuyuki


恒例のストラプレゼン。今回は冬希。テーマは「これからの移動通信システム」。
言われてあぁそうか、と思ったんだけど、1Gから始まって今は5G、だいたいGenerationが切り替わるのは10年周期とのこと。
自分が携帯を初めて持った時期を考えてみると、2G世代だったから今から30年も前。あぁ、着実に歳を重ねているね。。。

4Gから5Gへの成長は、20倍の通信速度、遅延は1/10で同時接続数が10倍になっているとのこと。
自分の身近なエリアでは普通に4Gなんだけど、5Gの恩恵を受けられるのはいつ頃になることやら。でも楽しみに待つとしよう。

そして10年経つと今後は6Gの時代がやってきて、もっと快適な通信環境になり、更に快適な世の中になるんだろうな。
おそらく多くの固定電話はなくなり、携帯電話自体も今のスマートフォンというカタチから、もっと異なるスタイルのデバイスになっているような気がします。
実際自分は生きているのかどうか、という方が気がかりですが。。
ということを考えさせられるプレゼンでした。お疲れさまでした。

ストラプレゼン #32 by Kuan


恒例のストラプレゼン。今回はカンさん。テーマは「世界と日本の宗教」。ふ、深い。。
海外出身ならではの、ここが変だよ日本人、的な視点でとても面白かったです。
そもそも、政府がそういった調査をし、公表している事自体を知らなかったので非常に興味深かったです。
日本における宗教法人の数であったり、何系が何%、みたいな。すべてがキャッチアップできていないにせよ、その総数の多さに驚かされました。

その後ちょっと気になって調べてみたら、全世界における「無宗教」と答えている人口の割合は、キリスト教、イスラム教に続いて第三位なんだとか。(自分が無宗教なんでどんな状況なんだろうと調べてみたら)
日本においては、人口の半分にあたる約7,200万人は無宗教らしく。ただし、無宗教とされる人たちの多くは、何らかの精神的な信仰を持っていることも指摘されているとかいないとか。
そうだよね、考えてみれば、結婚式は教会で、お葬式はお坊さんに来ていただいて、など、なにげに節操が無いような気もします。自分もそうだけど。

新たな視点で考えてみることに気付かされました。ありがとう。お疲れ様でした!

ストラプレゼン #31 by Ike


TOKYOって?という唐突なテーマから始まった、第31回ストラプレゼン。今回の担当は池くん。
大学に就職して当社に入社してくれて、それまでの間に訪れて印象深かったスポットをGoogleMapを使ってプレゼンしてくれました。
まったく行ったこともない場所を知ることができて面白かったです。
おつかれさまでした。

ストラプレゼン #30 by MUTO


ストラプレゼン 第30回は今年の4月から転職でジョインしてくれたMUTOくん。
九州男児の彼が、東京のWeb制作会社に転職して感じたアレコレ。言われてみればそうだよなぁ、とか、あぁ、そうそう!みたいなネタが多くて楽しく拝見しました。
「駅が迷路」には全員がウンウンって納得してました。面白い!

ストラプレゼン #29 by FUYUKI


ストラプレゼン 第29回は冬希。
自分の好きなもの・好きなこと、を紹介するの会。
「喰う」「酔う」「乗る」「音」らしい。
そんな中でも「音」についてのネタが、今まで知らなかったジャンルの音楽で面白かった。
世代の違いを感じるなぁ。

ストラプレゼン #20 by Kuan

恒例のストラプレゼン。記念すべき20回目はカンさん。テーマは「好きなテレビ番組の紹介」ワロタww。
ということでレポートしてくれたのは、毎週水曜日の深夜番組の「クレージージャーニー」。うんうん、これ面白いんだよね! 自分もよく見てます。

カンさんがこの番組のオススメのポイントとして教えてくれたのは以下。
・外でなくても、世界で起きていることがわかる
・行ったことのない、見たことのない、考えたことのないこと
・自分の欲求を満たすため、夢を追っている人たち
・「男のロマン」
・とにかく、クレイジー!!
・MC陣見事の反応とツッコミ
ん?男のロマンって。。

自分が好きなのは、丸山ゴンザレスさんの毎回危険な街とかをレポートしてくれるシリーズかなぁ。
本当に絶対自分は行けないだろうなぁという、それこそ死と隣り合わせのレポートはとにかくスゴイ。これからも、充分に気をつけて色々とレポートして欲しいです。

ストラプレゼン #19 by Ike


恒例のストラプレゼン。第19回は池仁。テーマは「チャットボット」。
あるクライアントとのミーティングでチャットボットの話になって、その流れでチョット調べてみるか、ということでプレゼンしてもらいました。
まずはチャットボットの歴史的なところから。最近でこそ、いろいろなWebサービスで実装されているチャットボットだけれど、遡ると1966年に生まれた「ELIZA(イライザ)」からだそうで。自分よりも歳上。。

ここから50年を経て、いまトレンドのスマートスピーカーまで、ずいぶんと進化してきたんだなぁと。
いちばん身近なところではSiri。現時点では活用してないけど(使えないんだけど)、どんどん応答も良くなって、そのうちパネルをスワイプだのタップだのしなくなるんだろうな。

そういえばこの前、渋谷区の広報に「渋谷みらい」くんの紹介があって、LINEでお友達になって自分の写真を送ると、肖像画を描いてくれるというサービスが開始になったということで、早速お友達登録。送ってみたら、、、、、、なんだかモアイチックな自分が返って来ました。せめてハチ公だろ。そこは。

さてチャットボット(もしくはAI)、この先どうなるかって想像すると、電話で話している相手が「まさかオマエ。。。」てな時代が来るんだろうな。気づかないうちに。。怖い怖い。

ストラプレゼン #18 by Fuyuki


恒例のストラプレゼン。18回目の今回はフユキ。テーマは「コーヒーについて」。

コーヒー豆について、焙煎の程度や淹れ方の違いで、全く異なる味になる、という部分の実践。
実践だけに、同じコーヒー豆を異なる淹れ方でテイスティングまでさせるという、体験型プレゼン。新しいな。

学生時代はバイトでコーヒーをサービスしていた経験を持つというだけに、とても美味しいコーヒーを飲むことができました。ごちそうさまでした!!
それにしても、同じ焙煎の豆で、同じ挽き方にも関わらず、抽出時間を長くするだけでかなり味が異なってくるということを改めて認識、体験できました。

お疲れ様でした!!

ストラプレゼン #16 by Kuan


恒例のストラプレゼン。16回目の今回はカンさん。テーマは「マンデラ・エフェクト」。

マンデラ・エフェクトとは、引用になるけれど以下のようなモノ。
==
過去の記憶がいつの間にか事実と反するものになってしまっている現象を、ブルーム氏は「マンデラ効果」と名づけている。アパルトヘイト撤廃に尽力した世界的指導者であるネルソン・マンデラ氏であるが、2013年に氏の訃報のニュースが流れた時は、決して少なくない人が虚をつかれる感じを覚えたという。てっきりマンデラ氏は1980年代に獄中で亡くなっていたものと思い込んでいた人がけっこういたというのだ(実際は1999年に大統領を辞職して政界から引退)。TOCANAより
==

ということで、プレゼンの中では、大半の人がそう思っていたけれど、「今」再確認をしてみるとじつは違っていた!! というものを幾つかピックアップして皆んなで検証しました。
キットカットのロゴ(のスペル)、フォルクスワーゲンのロゴ、ピカチュウの尻尾の色、おさるのジョージの尻尾、C3-POの色、ケネディー暗殺事件、などなど。

マンデラ効果は、勘違い、先入観などがあるとも考えられるが、一人の意見ではなく、多くの人が同じ認識でいたものが覆された時、それは勘違いなんかではなく・・・・。

歴史改ざん、パラレルワールド、マトリックスの世界、などなど???
深すぎるネタのプレゼンの結びは、
「信じるか信じないかは、アナタ次第です」と。。。

ストラプレゼン #15 by Ike


恒例のストラプレゼン。15回目の今回は池くん。テーマは「5分で分るトレンドキーワード『太陽フレア』」。

最近ニュースでも時々解説されている「太陽フレア」と、それが地球や普段の生活に及ぼす影響などについてのプレゼン。
タイムリーだね!!

そもそも、太陽フレアは常に起きている現象ではあるものの、今回のものは特に大きいものということで、なんと1000倍もの大きさだとか!!!
地球上における影響ということで行くと、例えば通信機器へのノイズ混入、GPS機器の誤動作など。身近なところではスマホでのGoogleMapとか、位置情報サービスを提供しているアプリとかかな。
それを生業としている業者さんはキツイよなぁ。。

Web制作サービスにおいては、あまり大きな影響はないと思うのだけれど、考えてみたらITインフラ、例えばネットワーク障害とかが起きると、ローカルでの開発しかできなくなっちゃうわけで、それはそれで困ることもありそう。

人類は太陽の恩恵を受けて生活をしているわけだけれど、その太陽に牙を剝かれると、途端に通常の生活ができなくなるという危険もはらんでいるわけで。
まぁ、ちっぽけな自分が考えても何も解決できないのだけれど。。

ストラプレゼン #14 by Fuyuki

恒例のストラプレゼン。14回目の今回は新人の冬希。テーマは「自動車競技における空気力学の応用及び歴史の考察」。大きく来たな。。
入社後初めてのプレゼント言うことで、まずは略歴と自己紹介。京都出身で自転車が好きでバンドも組んでて寿司が好き。
さて、本題。自動車競技における空気力学、ということで、まずは飛行機が何故飛ぶのか?ということから、その原理を簡単に説明。次に、自動車競技においては、飛行機とは逆に、空気の力(流れ)を利用して車体を地面に押し付けることで、早く走れる、ということをその時代のF1の構造を使って解りやすく説明してくれました。
なるほどなぁ、まぁ、市販車ではそこまでの究極は目指していないにしても、ホンダで言えばF1は走る実験室、と言われているくらいなので、その応用はフィードバックされているんだろうなぁ。
初回のプレゼンにしては、よく説明できてました。お疲れさまでした!!

ストラプレゼン #12 by KUAN

恒例のストラプレゼン。今回で12回目。プレゼンターはカンさん。テーマは「時間」と「シューマン共振」。うーん深いなぁ。
まずは各自ストップウォッチをもって、目をつぶって10秒間で止めてみる。みんなバラツキはあるものの、だいたい10秒±1秒位か。そこから、さて、この10秒が人によって差異があるのは、時間の捉え方・感じ方に個人差があるから。時間自体はいわゆる波であって、例えばクオーツ時計のように水晶の周波数を利用して正確に時を刻むようにできているわけで。

で、今回の本題、「シューマン共振」。これは「地球の周波数」でこれが年々早くなってきていて問題になっているという。
今住んでいるこの地球の周波数が短くなっているわけだから、それこそ人間を始めとして生物や物体、物質にも少なからず影響があるのでは、というお話し。深いなぁ。。

関係ないかもしれないけれど、妙な振動のある場所に行くと気分が悪くなるとか、落ち着かなくなるとか、なんかそういうこともあるらしいので、生まれたときから影響を受けているであろう「シューマン共振」に変化が訪れると、それはそれで、ちょっと影響あるかなぁと考えさせられました。

ストラプレゼン #11 by IKE

恒例のストラプレゼン。今回で11回目。プレゼンターは池くん。
テーマは「霊魂とロボットから考えた未来科学」。
まぁ解ったような解かんなかったような。。
簡単にまとめると、
魂を量子力学上での「人の記憶、意識」と定義した場合、意識=記憶=脳をデータとして蓄積→電脳化すれば、肉体は無いにしても魂は存在するわけで不老不死といえるのではないか、的な。
プレゼンが終わった後のディスカッションでは、なんだか幽霊を信じる信じない、見たことがある、無い、みたいな話で大いに盛り上がりました。それ、プレゼンの内容と関係ないよね。。

ストラプレゼン #9 by KUAN

恒例のストラプレゼン。今回はカンさん。
テーマは「みんなでバレーを見に行こう!! 入門編」。
なんでもそうだけど、あまり興味を持たない分野には、なかなか手を出しにくいもの。特に自分の場合にはバンドやってた関係でコンサートやライブにはよく出かけるものの、演劇とかオペラとか、今回のバレーとかは全く行った経験がなく。。
そういう意味では、今回のプレゼン、バレーの見どころとか楽しみ方とか、素人にも解りやすくプレゼンしてくれました。
前回のプレゼンの影響もあって、更にが湧いてきました。機会があったら見に行きたいなぁ。

ストラプレゼン #7 by IKE

20160304_strpre_001

恒例のストラデザイン社内プレゼン7回目。
今回は池くんのプレゼン。テーマは「超技術(オーバーテクノロジー)」。
いつもはWebサイトを作る仕事が大半だけど、これからはこういった技術を使って商売ができたらいいなぁ、という研究発表。
超技術、と聞くと何だかすごい話が来るのかと思いきや、まぁ言ってみれば、今では普通に存在している各種技術って、それが発表される前までは夢物語くらいの勢いで噂されてて、絶対無理とか言われていたものが、じつは世に出回るといつのまにやら浸透してふつうのコトになっちゃうよね、という話。

一つ目は「ホログラム」。
iPhoneのディスプレイ+手作りのレンズを使って、ホログラムを見よう!という内容。東急ハンズでプラバン買って、ピラミッドの逆さまみたいな映写装置を作っての実演。面白かったー。
これは、いまにテーマパークやイベント会場とか、更にはデパートとか、そういったところで普通に見られる様になっちゃうだろうな、という技術。
解ってはいるものの、実際にモニタやスクリーン的なものが無い空間に、立体的な映像が出てくるのってスゲーってなります。

二つ目は「モーションセンサー」。
最近手に入りやすくくなったLeapMortionを使っての実演。
コレはスゴイ!話では聞いていたものの、実物を目の前で見せられると、「スゲーーーー」ってなります。
池くん、お疲れ様でした。

▼ホログラム実演の一部

20160304_strpre_00220160304_strpre_00320160304_strpre_004

ストラプレゼン #6 by KUAN

20160205_strpre_001

恒例のストラデザイン社内プレゼン6回目。
今回はカンさんのプレゼン。テーマは「バレー」。
カンさんは小さい頃からバレー(踊る方の)をやっているらしく、現在でも継続していているとのこと。今回のプレゼンは、バレーの歴史から始まって、実際に有名な公演を見学するための心得など、バレーのことを全く知らない自分にとってはとても興味深いものだった。
普通、クラッシックバレーとモダンバレーって何が違うの?なんて聞かれても、全く想像つかないし答えられないよねwww。

どうもバレーというのは、それぞれにちゃんとストーリーがあって、それをシナリオにそって演じている、ということ。自分は技術を競い合って踊りまくってるのかと思ってた。。。ごめんなさい。
考えてみたら、日本で言えば「能」と同じなんだね。違うかもしれないけど。歌のないオペラかな。違うかもしれないけど。。。

機会があったら、一度ちゃんとしたバレー団の公演を見てみたいと思いました。
カンさん、お疲れ様でした。

20160205_strpre_00420160205_strpre_00320160205_strpre_002

ストラプレゼン #4 by IKE

201512_strpre_002

恒例のストラデザイン社内プレゼン4回目。
今回は池くんのプレゼン。テーマは「情報科学」。
コンピューターの発明から現在の情報世界までの歴史やトピックなどの研究発表。

改めて考えてみると、この数十年で、トランジスタからICへ、集積高密度進化を経て、現在のPCやスマホ、タブレットを活用することができていて、それこそ、社会人になった20年前は、そんなものを手にすることなんて想像すらしていなかったなぁ。

モノマガジンで初めてMacintosh Classicを見て、とてもじゃないけど手に入らないくらい高額で、初めて実物を目にしたのは数年後だったような記憶があるな。

携帯も今の「ソフトバンク」が「東京デジタルホン」の時代。あぁ、懐かしい。ガラケー全盛期の時代、携帯のメールでコミュニケーションがとれるようになった時から、リアルよりもバーチャルなコミュニケーションがめちゃくちゃ進化して、人付き合いも本当に変わってきたような気がするなぁ。
バーチャルでのつながりは凄く広がったけど、一方でリアルなつながりは希薄になってきて、いいのか悪いのか。。
でも考えてみたら、昔のほうが希薄な関係は完全にシャットアウトできていたわけで、そういう意味では面倒くさくなくて幸せだったのかも。

希薄な交友関係とつながっちゃったばかりに、自分はこんなに頑張っているんだぞ、っていうリア充具合をいちいちSNSで公開してイイネをもらうような生活、おれはキライ。
ランチに何に喰ったとか、どうでもいい。フレンチフルコース食えてよかったね。はいはい。
だからFBは登録しているだけで全然やんない。

でも、一ついいと思っているのは、FBのようなインフラがなかったら、決して高校時代の友達と再開できなかったのが、今では年に数回同窓会呑みができるっていう、いわゆる昔のつながりが復活できるという点。これは、本当に嬉しいし、良いと思う。
そういえば、あれ、似たようなWebサービスで「ゆびとま」ってあったけど、今どうなってんだろう??

201512_strpre_001201512_strpre_004201512_strpre_003