CentOS5ではまる | 吉尾インフォ|yoshio.info

CentOS5ではまる

CentOS5を新規インストール。
ウイザードに従って必要最低限のものを選択して軽めにインストール完了。その後必要なもの(Apache/MySQL/qmailなどなど)を追加でインストールして、DNSを当該サーバーに向けて、情報が伝播した頃にhttpで接続。
ん?鯖動いてない?いや、動いてる。
サービス停止してる?いや、動いてる。
あれれ?ポートが開いてない?でもSSHは通るんだよな・・・。なんか設定したっけな?
てっきりインストールでしくったか、httpd.confのミスとかで見えないのかと思って、思い当たるところ+Googleで調べられる限りのことを調べて手を打つものの、全く改善せず・・・。
遂にはOSを再度インストールし直すという暴挙に出てみたものの・・・。
ん?あれれ?80番ポートの反応がない???
あれ?他のポートも開いてないっぽい??
あっ!ルーターか、と思ってルーターの設定を確認するも全く正常な設定。行き詰まりました。。。
で2日間も悩んだあげく、Googleの検索結果からiptablesじゃないの?ということを突き止め、とりあえずサービスを停止しhttpで接続したら「ちゃんと見えるじゃないのよ〜〜〜〜」なんだよ。。。
ていうか、インストール時に勝手に入って勝手に動いてんじゃないよ。まったく。
まぁ、エキスパートは当然既知の情報で、ちゃんと初期設定の段階で必要なポートあけておくんだろうな。。悔しすぎる。やっぱりネットワークエンジニアにはなれないと悟り始めている今日この頃。

“CentOS5ではまる” への2件のフィードバック

  1. きーす より:

    CentOS周りだったら、
    http://centossrv.com/
    が、一番頼りになります。
    まず、ここだけ見ておけばOKでしょ。
    そうそう、SElinuxも解除しておいたほうが、色々嬉しいです、きっと。

    レスポンス:よしお
    ありがとうございます。お知らせいただいたサイト、実はバイブルになってますwww。ただこのサイトにもiptablesのことは一言もなくて・・・。まぁ慣れた方にしてみたら常識なんでしょうね。頑張って覚えていかないと。。
  2. きーす より:

    ここを見たんでしたっけ?
    http://centossrv.com/iptables.shtml
    じゃ、こっちのほうがいいかも。
    http://www.aconus.com/~oyaji/index.htm
    えっと、iptablesはセットアップの時に「ファイアウォール」を「なし」にすると使われない・・・はず。たぶん。
    # エッヂ時代にはこの辺はデフォルトだったと思うけど。

    レスポンス:よしお
    あわわ、ココ完全に見逃してました。ちゃんとiptablesの設定方法が書いてありますね。。実はココを飛ばしてApacheとかのインストールに進んでしまったもので。。灯台下暗し、ですね。ていうか注意不足・・。お騒がせしました。
    エッヂ時代、懐かしいですね。今も昔も、さすがキースさんは頼りになります。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です