そういえば掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のその後 | 吉尾インフォ|yoshio.info

そういえば掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のその後

サムライワークス在職時代、約1年以上に渡って悩まされた掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)。今は全然大丈夫なのだけれど、その当時は本当に辛かったなぁ。
PCを整理していたら、昔のブログの記事が見つかったので、「掌蹠膿疱症」に関する日記を抽出してみた。結構辛そうだったらしい。オレ。
記事にも書いてあるけれど、決定的に治りかけたのは「ネオラール」という薬を服用し始めてから。病院の先生もかなり親身になって相談やアドバイスをくれて、今となれば感謝の言葉しかありません。
————————————————-
2005-09-03 00:23:59
————————————————-
ゴールデンウイークあたりから掌に湿疹ができて、まぁ放っておいたらだんだんと酷くなってきて、昨日やっとの事で病院へ行って病名が判明。
掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)について調べてみると、まぁ原因はよくわかっていないらしい・・・。がいくつかの原因と考えられそうなネタものっているが、まぁ割と完治までには時間のかかる病気らしいことは確か。
症状としては最初に水疱ができて、だんだんと膿疱(つまりウミね)が混ざってきて、かさぶたになって皮膚がはがれて、の繰り返し。
水疱や膿疱自体は無菌性なので人にうつることはないとは言うものの、見た目が酷いので、ものを買ってお釣りを受け取るときとかは結構恥ずかしいんだな。これが。
まぁかかってしまったものは仕方がないので、根気よく治療を続けていく方向で。
————————————————-
2005-10-17 03:06:24
————————————————-
病院に二度ほど通ってみたものの、一向に良くなる気配がない。
処方されたのは軟膏が二種類と飲み薬が1種類。軟膏については交互に使ってね、飲み薬については一日一度、夕食後に服用してね、と言われて守っていたものの、一月以上経過するも全く効く気配がない。逆に酷くなっているのではと思われ。
ということで病院を変えようかと考えてもいるのだが、ちょっと考えてみると原因不明ってなんなのよ、そんなわけはないと色々と自分の生活を考え直してみる。
まず普通の人と違う点。
  ・徹夜が多い(コンスタントに週に二日。しかも貫徹が多い)
  ・人よりも沢山食べる(飯は確実に大盛り。替え玉なら3ヶ)
  ・食生活が不安定(ランチは確実に食うが夕食は抜くことが多い)
  ・タバコをよく吸う(これはどのサイトを見ても良くないと・・・)
  ・ストレスは割と多いかも(これは現代人なら仕方ない?)
うーん、あとはなんだろう、一応好き嫌い無く、しっかりご飯もたべるので、栄養のバランスは良いと思うが、徹夜が多いのは事実。まぁ強いて言えば、嫌いなものは唯一、ラムくらい?(ジンギスカン食べたこと無い。避けてる感じ。)好きなもので言うと、やっぱ肉系。魚も好きだけれどどちらかといえば肉を選んじゃう感じ。
WEBで色々と調べていると、どうもビタミンH(ビオチン)が欠乏すると、掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)やアトピーにかかりやすく、直りにくいとの情報を得た。
ということで、抗生物質や軟膏を使うのを一時やめ(すなわち病院に通いのも一時やめて、だって、診察は3分で終わるし、挙げ句の果てには10年は治らないから気長にね、って同じ薬しか処方しないし・・・)ビオチンを購入する方向で。
これは日本ではなかなか手に入らないらしく、ネットにて米国経由で購入。
ビタミンH(ビオチン)の効果についてはまた別のお話・・・。
————————————————-
2006-03-20 23:41:36
————————————————-
治らないんだよね~コレが・・・・。
たばこ減らして病院通って、ビオチン注射して漢方飲んで軟膏塗って・・・・。なんだかそろそろ一年が経つんじゃぁないかと言う気配。
本当にこの病気って10年選手なのかなぁ。。。ガックシ。。
もしかしてちょっと食い物に関係があるんじゃないの?
ということで、今日からは食ったもの記録していきます。

朝食 なし
昼食 鉄火巻き・焼きそば
夕食 ラーメン・ビール
おやつ 生のパイナップル・カテキン緑茶・無糖アイスコーヒー・たばこ0本・ネオシダー20本

————————————————-
2006-05-01 01:57:32
————————————————-
先生に相談をして、薬を変えてもらった。
新しい薬の名称は「ネオラール」。これを服用していると膿疱ができず、結果として皮も剥けないので手のひらは割と綺麗な状態なわけで。
ただ、根本的な治療となっていないのだろうなと思いつつ、薬の金額がえらく高い(一週間で8000円って・・・)という点で、やっぱりちゃんと根本から原因を探らないと行けないのかなぁと思ってみたり。
更にこの薬、WEBで調べてみるとグレープフルーツジュースと一緒に服用しているとマズイとか・・・。そんな話聞いてねーよ・・・。グレープフルーツ好きなのに。うらら。
病気が発病してからそろそろ一年経つな。サムライにきたときからなので、ちょうど一年。まだまだ先は長いのかな・・・。
————————————————-
2006-07-22 23:37:29
————————————————-
ここの所すこぶる調子がよい。
飲んでいる薬も前回に報告した「ネオラール」とビタビンEとビオチンの粉末。ただ、ここの所突然発生したジンマシンが、どうもビタミンEとビオチンのせいじゃぁないのかな、と疑い始めて、この2、3日呑んでいないので、実質的にネオラールを毎朝一錠飲むのみ。
症状的には水疱や膿胞は一切出ておらず、きわめて綺麗な手のひらになっている。気になるのは手のひら及び足の裏の皮が厚くなっていて、ガサガサとしちゃっている点と、病んでしまったツメが視覚的に美しくない点のみ。
このままの状態で、まぁガサガサはハンドクリームで、徐々に治してゆくとして、ツメは綺麗に生え替わるのを待って、完治してくれるといいな・・・。
ここまで来るのに約一年と二ヶ月。考えてみたら長いな。でもWEBで調べると5年10年あたりまえ的にかかれているので、それらの方々に比べたら、全然軽いほうなんだろうな。
原因不明だから仕方ないとしても、しっかりとした治療方法が見つかることを祈ります。

“そういえば掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のその後” への1件のコメント

  1. 松澤篤夫 より:

    掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)に10年ほど悩まされましたが、約3年前に自力で完治しました。この難病に効く食べ物はないか、いろいろ試した結果、ありました!海苔でした。一日一回、海苔を2¸3枚口にしたら手足がきれいになってきます。私にしか効かなかったかもしれませんが、お試しください。

    レスポンス:まなぶ
    松澤様コメントありがとうございます。悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますので、参考になると思います。
    皆さん何らかの方法でなんとか完治できると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です